腰が反り過ぎている

間違った知識で姿勢を保とうとする方が非常に多いのですが、中には良い姿勢をしようとし腰を反らす方がいますが、このままではやがて腰がそり過ぎて腰痛などを引き起こす恐れがございます。


もくじ

スポンサーリンク


反り腰は腰痛の原因になります

反り腰とは腰の骨(腰椎)の前湾カーブがきつくなっている状態です。
この状態ですと、骨盤は過前湾となり腰椎に負担がかかり脊柱起立筋が常に伸ばされており腰痛を引き起こしやくなります。

また、意外と多く見かけるのが女性で自分で姿勢を正そうとすると腰を反ろうとこの状態になる方が多いです。自分では良い姿勢をしているつもりですが、これですと逆に腰に負担が掛かり肩こりや腰痛になります。

反り腰になりやすい人は、普段『歩かない』方や『歩いていても脚を上げないで歩く』方など骨盤内にある腸腰筋などを上手く使っていない人が多く、その為が腸腰筋などが弱体化や筋萎縮の影響で腰椎が下腿に引き寄せられ、その結果腰椎が過前湾となり骨盤も前傾してきます


また、最近注目されてきている体幹部分の筋力不足と股関節周辺の筋バランスが悪い証拠とも言われています

  • 腹筋が弱い為背筋を伸ばすと骨盤を上手く動かせない
  • 足の付け根周辺の筋肉が委縮し骨盤を前傾にしてしまう

筋力不足(女性の方に多い)の方や、スポーツをやっている方は腿の前側や背中などを酷使し過ぎて反り腰になりやすい傾向にあります。


反り腰かを自分で調べる方法

壁に足の踵・お尻・背中・頭と順に付けていき、腰と壁の隙間が手のひら1枚分以内なら反り腰の心配はありません。逆に手のひらが1枚分以上ならあなたの腰は反り腰気味です

床に仰向け(上を向く)になり、腰の隙間を見てみます。通常は掌が1枚入るか入らないか程度ですが、この時手のひらを入れてみてスカスカの状態ですと腰が反っている可能性があります。布団の上など柔らかい上でやると反り腰か判別するのが難しいので、なるべく床の上でしてみましょう

スポンサーリンク


反り腰に対する簡単エクササイズ

反り腰になると腿の前面やお尻の筋肉群の張りや萎縮が見受けられます

  • 腿の前面(前腿)のストレッチ
    片脚で立ち、上げた脚の足首をつかみ自分の身体の方に引き上げます。
    片脚立ちが厳しい方は反対側の手で壁に付けてもよいです。
    また、座った状態でで行う場合は正座をし片方の足を前面に真っ直ぐ伸ばして下さい。伸びている感覚が少ない方はその状態で上半身を少し後ろに倒していくと腿の前面がよく伸びます。


  • お尻のエクササイズ
    床に仰向けになり、両膝を立てます。
    両手はバランスを取る為身体の横に置き手のひらを床に付けます。
    その状態で両膝と肩のラインが一直線になるよう腰を浮かしていきます。
    この時腰を反り過ぎると腰を痛めますので、腰は反り過ぎないこと。
    この動作を1日10回程度行います。初めは上手く出来ないと思いますので、焦らずゆっくりと行ってください。


関連ページ

スポンサーリンク

こちらのページも一緒にどうぞ

旭川で肩こり/腰痛ならヨシダカイロへ