もくじ

なぜ腰痛になってしまうのか

腰痛になる原因には様々要因がございますが、一般的に下記のような人は慢性的な腰痛持ちの方が多いかと思います。

  1. 肉体労働で常に重いモノを持つ職種の人
  2. デスクワークでいつも同じ姿勢をしている人
  3. 1日中立ち仕事の職種の人
  4. 運動不足で筋力が低下した人
  5. 姿勢が悪く常に猫背気味な人
  6. 血行が悪く冷え性な人
  7. 何事にも生真面目で神経質な方
  8. 身体が硬く柔軟性が欠如している方


このような方は比較的慢性の腰痛持ちの方が多いのですが、上で紹介した職種って実は大抵の職種に当てはまってしまうんですよね。しかし、同じ職場でも腰痛持ちの方と全く腰痛を経験したことがない人っていますよね。

では、なぜ同じ職場(仕事)をしていても腰痛になりやすい人と腰痛にならない人が居るのでしょうか?実は同じことをしていても腰痛になりやすい人には特徴がございます。それでは、その腰痛になりやすい人の特徴をこれからお話しをしていきたいと思います。


同じことをしていても腰痛になる人は○○と○○が硬い人

実は、同じことをしていても腰痛になりやすい人はある箇所の可動域が極端に悪い特徴がございます。


その、ある箇所と言うのが足首股関節です。


足首を柔らかくして腰痛予防

腰が痛くなる原因には様々な要因が重なり起こりやすくなりますが、足首や股関節の可動域が狭いと、実は普段の生活で知らず知らずのうちに腰に負担をかけていることになるのです。なので、同じ作業をしていても腰痛になりやすい人とそうでない人がいるのです。

例えば日常生活で歩くという行動を一切取らない方は非常に少ないかと思いますが、この歩くだけでも腰には相当な負担がかかります。しかし、足首などの関節が柔らかく柔軟性が確保されていることで、これら腰にかかる負担を軽減させているのです。

また、腰を曲げたり伸ばしたりするのに、最初は腰椎(腰の骨)が徐々に動きやがて股関節を使い腰などを曲げたりし床のモノなどを拾うことができます。しかし、股関節の可動域が狭いとこの腰を曲げたりする際に腰椎(腰の骨)に負担がかかりその周辺の筋肉にも疲労が蓄積されて腰痛を引き起こしやすくしているのです。

なので、同じ作業をしていても腰痛になりやすい人、腰痛になりずらい人とがいるのです。


簡単に自分で足首・股関節を柔らかくするストレッチ

足首を柔らかくするストレッチには幾つかの方法がございます。コチラでは簡単にどこでも出来るストレッチをご紹介いたします。


仕事中でも出来る簡単足首ストレッチ

椅子に座りながら出来るストレッチで、やり方は非常に簡単!!やる気次第でどこででも出来るので自分の意識次第ですよ。

それでは、足首のストレッチ法とは・・・

椅子に座ったまま足首をただ回すだけ!!

これだけでも十分足首のストレッチになります。ただ足首を回しているだけなので、例えば1日中パソコンで仕事をされている方でも机の下で足首くらい回せますよね。

しかし、意外に足首を回すだけと言っても最初は中々出来ない方がいます。自分の足首を回そうとすると何となくギクシャクして回しずらい感覚がある場合がございます。そのような方はそれほど普段から足首を動かさないで生活を送っていることとなりますよ

足首を回すには左右10回程度を目安に行うと良いでしょう。先ほども言いましたが左右どちらかが回しずらい方向があるかも知れませんが、徐々に足首をまわし柔らかくしてあげることで慢性的な腰痛を軽減させる効果がございますので継続して行ってください。


スポンサーリンク

関連ページ&お得情報

旭川市ヨシダカイロアクセスマップ

【旭川の整体院】
ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】旭川市豊岡2条2丁目 HGSビル
【駐車場】正面専有3台
  詳しくは >>コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】 日曜/祝日
【公式サイト】 
http://www.office-ysd.com/
詳しい場所やアクセス方法は >>コチラから

旭川で肩こり/腰痛ならヨシダカイロへ

Tag: 腰痛

電話はこちらへ