左右で肩の高さが違う時

自分では気付きにくいですが、肩の高さが左右で違う方って意外と多いのをご存知でしたか?

肩の高さ違いを放置していると肩こりの原因になりかねません。


もくじ

スポンサーリンク


僧帽筋と広背筋

左右の肩がどちらかに下がっている。その原因は僧帽筋や広背筋の筋バランスの乱れが主な原因です。

僧帽筋とは首から肩甲骨にかけて肩甲骨の安定や手で重たいものを持つ時に肩甲骨が下に下がらないのを防ぐ役割があります。また、広背筋は人体のもっとも面積の広い筋肉で肩関節を動かす(伸展・内転・内旋)筋肉です

僧帽筋が張っている方の肩は上がり気味になり、広背筋が張っている方の肩は逆に下がり気味になります。


いつもカバンを同じ方で持つ方や、PC作業の時身体が傾いていたり、または椅子に座るとき上半身がいつもどちらかに傾いているなど、そうした動作が引き起こす筋バランスの乱れが多いに関係しています。

また、野球やゴルフ・テニスといったスポーツをする方もいつも同じ方向へのスイング等によりどちらかの広背筋が酷使される為に多くに見かけます。

この状態を放っておくと慢性的な肩こりや頭痛といった症状だけでなく、スポーツ時での怪我の元になるので、早期に改善いたしましょう。

肩の高さが違う原因 僧帽筋の役割


肩の傾きを自分で調べてみましょう

肩の高さ違い鏡を見る

まず、実際に鏡の前に立ち両肩を数回上下に動かしてみましょう(肩に余計な力が入っていると正確な判定が難し為)

次に肩から下の力を抜き自然な姿勢で立ってみます。

この時に、自分で肩の高さを目視で良いので確認してみましょう。肩の高さ違いが確認出来るはずです。

また、肩の高さ違いが分かりずらいという方は、自分の指先を確認してみるのも良いかも知れません。この時に、指先が下に下がっている方の肩が下がっているということになります。

それでも、どちらの方法を用いても確認しずらいという方は家族や友人の協力を得て自分の後ろ姿を確認してもらいます。

この時に、肩甲骨に触れてもらい肩甲骨の最下部が左右でちらかが下がっていないか確認してみます。肩甲骨が下がっている方が肩も下がっていることになります。


スポンサーリンク

肩の傾きに対する簡単エクササイズ



右肩が下がっている場合

右側の広背筋を伸ばすストレッチと、左の首筋を伸ばすストレッチが効果的です

左側の僧帽筋の萎縮
(僧帽筋が左肩を持ち上げる)

  • 左側の首筋のストレッチ

右手を左側の側等部に置き、右手で頭を軽く引き寄せる感じで右側に倒していってください。気持いと感じる所で30秒程キープすます。

左側の肩から首筋が伸びる感覚を意識しながら行ってください。

また、左手指先を下の方へ突き出す感じにすると尚効果的に肩周りがストレッチされます

画像の説明


右側の広背筋の萎縮
(右側の広背筋が右肩を引き下げる)

  • 右側の背中のストレッチ

足は肩幅より少し広めに開き、両手を伸ばし頭の上で組みます。その時手のひらは上を向いている方が効果的です。

そのままの状態で身体を左側に倒していきます。その時上半身が前側に倒れないよう真横に身体を倒します。

右側のわきの下から横腹が伸びている感覚を意識しながら伸ばします。

左肩が下がっている場合

左側の広背筋を伸ばすストレッチと、右の首筋を伸ばすストレッチが効果的です
先ほどのストレッチとは逆のストレッチをします

  • 左側の広背筋の萎縮(左側の広背筋が左肩を引き下げる)
  • 右側の僧帽筋の萎縮(僧帽筋が右肩を持ち上げる)


背骨のストレッチもお忘れなく

この様に僧帽筋や広背筋の筋バランスが崩れている方の多くは、今までの経験上、背骨の弾力性が無く(うつ伏せで寝た状態で背骨を真上から押すと通常は背骨が沈み込みます)、前後左右の動き(可動域が減少)が非常に悪くなっている場合が多いです。

関節は長期間動かさないでいると可動域が極端に悪くなりますので、身体の歪みもさらに悪化させる原因となります。ではどのようにしたら背骨の歪みや動きを改善取れるのでしょうか?

簡単に出来る背骨のストレッチ方法:

  1. バスタオル4つ折りにし丸めて棒状にします
  2. 棒状にしたバスタオルを背骨に沿うように当てます
  3. 両手の掌は上を向けて調度『大の字』になるように仰向けで寝ます
  4. そのままで5分ほど仰向けで寝ているだけ背骨のストレッチになります

この状態でいると2~3分ほどで手がシビレてきます。肩関節の中には手に行く神経が通っているため『大の字』でいると神経が圧迫されシビレが出てきますが、正座をしていると脚がシビレると同じ症状なので頑張って5分ほど続けてみてください。

バスタオルだと余り背骨が伸びている感じしない方は、ストレッチポールなどを使用して背骨を伸ばすとより効果が実感出来るかと思います。

しかし、通常のストレッチポールは初心者の方には扱い方が難しいいのでストレッチポールのハーフカットタイプを私はおススメいたします

関連ページ

スポンサーリンク

こちらのページも一緒にどうぞ

旭川で肩こり/腰痛ならヨシダカイロへ