昨日まではなにも異常が無かった首がいきなり翌朝に目が覚めると首が動かないって事や、朝の時点ではそれほど痛くなかった首が昼頃になると段々と痛み出し全く首が動かなくなってきたってことありませんか?

そのような状態のことを一般的に「寝違い」と呼ばれております。

もくじ

スポンサーリンク


寝違えってどんな状態?

寝違えはその名のとおり「寝ている間に何らかの原因で筋肉を痛めた」状態のことで、具体的には肩から首に付着している筋肉(肩甲拳筋)を痛めている場合が多いです。

寝違えの主な症状は、首の動きが極端に制限され、重度の場合どの方向にも動かす事ができなくなります。痛み方としては、ズキズキする痛み・瞬間的な刺すような痛みを感じることが多いです。

また、本当にひどい状態だと安静時でも「うずく」ような痛みを感じることもあります。


寝違えの主な症状

  • 朝起きたら首が痛くて動かせない
  • 朝起きたときは首が張っている程度だったが、時間が経つにつれ痛みが増し動かせなくなった
  • ある方向にだけ首が動かせない
  • どの方向にもほとんど首が動かせない


また、寝違いの場合は数日間安静にしていれば痛みが治まってくる場合が多く適切な施術を受けずに放置してしまう場合が多いのですが頻繁に寝違えるような場合は、根本から改善していく必要があります。

たかが寝違えと侮らず、適切な施術によって症状を根本的に改善した方が良い症状の一つです。カイロプラクティックでは、痛めている筋肉の柔軟性を高め、筋肉が付着する関節の可動性を回復させていきます。


寝違いになるさまざまな原因

首が動かない

みなさんは寝違いになると「朝起きたらいきなり寝違えになった」と申しますが、実は数日前から首周りに異常を起こしている場合が多いです。

しかし、お仕事や家事など忙しいがためにその異常に気付かないでいる事が多いのです。

実は、首や肩の異常が少しづつ進行し首の負担の限界が超えた際に、朝起きると首が動かなくなっている事が多いのですよ。

寝違えの主な原因

  1. 寝ている間の無理な姿勢
  2. 前日に首の筋肉を痛めており、寝ている間に悪化した
  3. 慢性的な首や肩のコリ
  4. 頚椎のズレ
  5. マクラの形状や硬さ、高さなどが合わない
  6. ホテルや旅館など、いつもと違う環境で寝た


上記の様な状況が続いていると寝違いを起こしやすくなるので「あれっ」って気が付いたら気を付けるようにしましょうね。

寝違いを起こしやすい行動とは

寝違いを起こす行動

それでは一体どのような行動をした時に寝違いになりやすいのか説明していきたいと思います。

もちろん、下記で説明している以外にも寝違いを起こしてしまう場合もごじますし、下記で説明している行動が合わさって寝違いを起こす場合もあります。


無理な姿勢で寝る

子供を出産されたばかりのママさんや身体の疲れが溜まり過ぎると、寝ている姿勢が変な格好で寝る事が多いです。

身体が疲れている時ほど、少し身体を動かす運動をするとスッキリ寝れますので、普段の運動を推奨します。


首を痛めたが放置した

何らかの原因で首を痛めたが、若い時は次の日には治ったので今回もそのまま放置した。すると、翌日目が覚めると首が動かなくなっていた。

若い時は多少の無理は効きますが、年齢が上がるにつれ身体の機能(自然治癒力)は低下いたします。


慢性的な肩こり持ち

肩こりが当たり前になっている方も寝違えを起こしやすいです。常に肩や首などの筋肉が凝っている為、首周辺の血流が悪くなり寝ている間に些細なことでも寝違えを起こしたりします。


寝具はとても大事

寝具選びは非常に難しいですが、高すぎる枕や低すぎる枕は寝違えを起こしやすくなります。よく『オーダーメイド』の枕を購入する方がいますが、首のズレがある状態でオーダーメイドを枕を使用しても寝違いはお越します。1度頸椎の異常を取り除いてから枕の購入をおススメいたします。

また、コチラで寝具についての説明をしておりますので寝具について知りたい方は是非ご覧になってみてください。


旭川ヨシダカイロお問合せ

お得情報&関連ページ

旭川市ヨシダカイロアクセスマップ

【旭川の整体院】
ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】旭川市豊岡2条2丁目 HGSビル
【駐車場】正面専有3台
  詳しくは >>コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】 日曜/祝日
【公式サイト】 
http://www.office-ysd.com/
詳しい場所やアクセス方法は >>コチラから

スポンサーリンク

Tag: 肩こり