練習後や試合ごなど身体のいたるところに痛みや不具合といった症状が起きやすいですが、ふくらはぎに関しての痛みや不具合の場合はスポーツ障害が起きる前兆かも知れません。

このふくらはぎの違和感を放置していうと予期せぬスポーツ障害を招く場合があるので十分注意しましょう。


もくじ

スポンサーリンク


ふくらはぎの役割とは

ふくらはぎ

ふくらはぎとスポーツ障害の関係をお話する前に、先ずはふくらはぎとはどのような筋肉なのかお話をしたいと思います。

ふくらはぎは主に足を曲げたり伸ばしたりする時に働く筋肉です。

なので、全てのスポーツに関わることですが走ったりジャンプをしたりする時には必ずと言っていいほど動く筋肉です。


ふくらはぎが関連するスポーツ障害

ふくらはぎのスポーツ障害で1番多いのが『ふくらはぎの痙攣(足がつる)』です。また、足がつる以外にも身近に起こりやすい症状が肉離れやアキレス腱炎などもスポーツをされている方なら身近に起こりやすいスポーツ障害となります。

こちらのページでは肉離れについて詳しくお話させていただきますので、「足がつる」や「アキレス腱炎」については別のページでお話させていただきます。


肉離れを起こす原因とは

肉離れを起こす原因とは

ふくらはぎが肉離れを起こす原因には、急に走り始めたり(ダッシュをする)急な方向転換などで、筋肉の筋繊維が損傷(断裂)を起こします。※ふくらはぎ以外にも腿の後ろも肉離れを起こしやすい筋肉です。

肉離れも部分的に断裂している場合と完全に断裂する場合(筋断裂)があり、断裂した個所を触ると筋肉にシコリみたいなモノが出来ています。

通常、筋肉(筋繊維や筋膜)に柔軟性が保たれているとこれら急な動きに対しても肉離れなどは起こしずらいですが、日々の練習のし過ぎ(オーバーユース)でふくらはぎなどに疲労が蓄積され筋肉の柔軟性が無くなってくるとこれら肉離れを起こします。

また、普段の筋肉の使い方が悪い(間違った運動パターン)とふくらはぎなどには日々負担がかかりやすくなります。この間違った運動パターンのまま筋肉に損傷が起こってしまうと、修復する際にも筋肉は正常な状態で修復せず間違った状態(筋肉の配列が乱れる)で修復してしまうので同じ個所が肉離れなどを起こすいわゆる『クセ』になりやすいです。

1度肉離れなどが『クセ』になると「クセ」を取り除くにはかなりの時間を要しますので、自己判断で肉離れの診断をしないで専門の方に相談し完全に回復するまでは運動をしないようにしましょう。

スポンサーリンク


ふくらはぎのスポーツ障害の予防と治療法

ふくらはぎのスポーツ障害の予防と治療法

ふくらはぎのスポーツ障害を予防するのに1番良いことはやはり準備運動をし筋肉の柔軟性を上げてあげることが大事です。またスポーツ後のクールダウンもしっかりするようにしましょう。

激しいスポーツに限らず多少なりとも筋肉を使った後なら『氷』を使ったマッサージがおすすめです。

スポーツを行う前日に紙コップに水を入れそれを凍らせておきます。スポーツ後にその凍った紙コップの端を破り氷の部分を患部にあて滑らしてあげるだけでも筋肉の炎症が収まりますので効果的です。

また、いくらふくらはぎのスポーツ障害の予防をしていても障害を起こすことはございます。ふくらはぎにスポーツ障害が起こってもそのまま放置せず最善の治療を行うことで早期の回復が見込めます。

ふくらはぎの治療法は患部のアイシングやテーピングなどによる固定法が一般的です。また違和感を感じたままの状態でいると他の箇所にも負担をかけ周りの筋肉などが緊張しますのでふくらはぎ周辺のマッサージも必要となってきます。

また、回復を早めるために電気治療を行ったり筋肉の柔軟性が落ちないようにストレッチをすることも重要となってきます。

旭川ヨシダカイロお問合せ

関連ページ

旭川市ヨシダカイロアクセスマップ

【旭川の整体院】
ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】旭川市豊岡2条2丁目 HGSビル
【駐車場】正面専有3台
  詳しくは >>コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】 日曜/祝日
【公式サイト】 
http://www.office-ysd.com/
詳しい場所やアクセス方法は >>コチラから

スポンサーリンク