お酒を飲んだ次の日ってなんとなく身体がダルいですよね

みなさんおはようございます。旭川の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。

12月や1月といえばお酒を呑む機会が非常に増える時期ですが、お酒を飲み過ぎた翌日って特に激しい呑み会?ではなくとも何となく身体がダルくなりますよね。

実は、呑んだ次の日にくる身体のダルさって、身体を動かしながら呑んでいたからではないことをご存知でしたか。


スポンサーリンク


身体を動かさなくても筋肉痛に似た症状がでます

飲酒
私はお酒が大好きな方なのでいつも呑み会などがある時はついつい飲み過ぎてしまい、いつも翌日になると「身体がダルいなぁ」ってなるんですが実はこのダルさは筋肉痛だということをご存知でしたか

一般的に筋肉痛って身体を動かした翌日や翌々日にくるイメージがありますが、実はお酒を飲み過ぎても筋肉痛は起こるんですよ!!

このお酒を呑んだ翌日にくる筋肉痛のことを「アルコール筋症」と言います。あまり聞きなれない言葉ですよね。


アルコールの分解に必要な栄養素が足りなくなる

アルコールを摂取すると身体の中で一生懸命にアルコールの分解いたしますが、その時に必要となるのが栄養素が足りないと先程お伝えしたように「アルコール筋症」になってしまいます。

また、アルコールの分解をする為に必要な主な栄養素はタンパク質ですが、アルコールの分解に多量のたんぱく質を使うとテストステロンの分泌量減少し代わりにコルチゾルが増加していきます。


筋肉の成長と破壊をするホルモン

テストステロンは主に筋肉の成長を促すホルモンで、一方のコルチゾルは筋肉を分解していくホルモンです。


ですから、お酒を飲むとアルコールを分解する過程でコルチゾルが増えることにより身体の筋肉は破壊され筋肉痛に似た症状が起きるのです。


お酒を飲むと時は水分補給も忘れずに

トイレ

また、アルコールには利尿作用がありトイレなどに頻繁に行くことが多くなりますよね。トイレの回数が増えることで体内の水分は減少しやすくなりますし、アルコールを分解するのにも体内の水分が必要となってきます。

なので、結果的に体内の水分が足りていない状況が続き余計に筋肉痛などを起こしやすくなります。

ですから、沢山のお酒を飲む場合にはマメに水分補給を心がけなら呑むようにしましょうね。また、水分の補給が大事だからと言ってアルコールではダメですよ!!

水分は「水」か「スポーツドリンク」にしましょうね。私的には「スポーツドリンク」をおすすめいたしますがね。


スポンサーリンク


関連記事

旭川市ヨシダカイロアクセスマップ

【旭川の整体院】
ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】旭川市豊岡1条1丁目 HGSビル
【駐車場】正面専有3台
  詳しくは >>コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】 日曜/祝日

詳しい場所やアクセス方法は >>コチラから

【公式サイト】http://www.office-ysd.com/

旭川で肩こり/腰痛ならヨシダカイロへ

Tag:

コメント


認証コード9586

コメントは管理者の承認後に表示されます。